2006年01月14日

ちょっと本音が入りました(レコード屋編)

あのさ、やっぱ土曜朝のテレビって面白くないかい?(名古屋地区限定)

おはようございます、DJ NAKAHARAです。さぁ、渡辺篤史の建もの探訪が始まる前に書き上げなきゃ。 風邪の疲れ?もあってうっかり寝ちゃってて、起きると朝方、あぁ変な感じ。で、 日程の件で話をということで雨の中徒歩でMAGOへ(都心に住んでる便利さよ〜)

ここの所つくづく思うのだが僕は電話はやっぱり苦手だ。相手の顔が見れないし。なので極力実際にあって話をするようにしている。 こちらの日にのも書いたけど小さいMEETINGでもあって話すとやっぱりいい感じ。 でMAGOへ。

WIDELOOPだったのでほうじょうくんとかしげちゃんとか他多数よれよれの面白い大人がいて。 しんみ君と話した後楽しく絡まれる(笑)しかし、ここ数日遊びまくって風邪を(きっと)もらってきたこともあって早々に退散。 明日MOODMANさんが来るってことなので会いにいってみるつもりだ(笑)ぅう〜ん、でもそういいながらどうなることかはわからないけど。 日曜は時間あったら武藤君は名古屋によってくれるのかなぁ?(笑)まぁ、いいけど(道中気をつけて、無理せぬように。)あぁ、 新年会もあったな、そういや。

さて、こちらの日記にも書いたのですが(しつこいな、 今日は)本日、いよいよ自分のレーベルの一番が来ます。前にも言いましたが実際2年以上のびのびにのびのびのびのびまくった音源でして。 正直かなり疲れました(笑)まぁ、でも、無事に届くみたいで今はほっとしています。

しかし、 レコードを出すのは初めてではない訳なのですがやっぱりわくわくするものですね!やっぱり僕はレコードの全てが大好きな訳で。 レコード屋っていう仕事も好きだし。レコードをかけるDJっていう仕事も、物凄く好きだし。レコード、もう、売れようが、売れなかろうが、 作品を評価されようが、酷評されようがもう、 どうだっていいです(笑)今後もレーベルを続けてレコードを出し続けたいと思いますので、 世界中の好事家の方、どうぞ、よろしく。

さて、今日はレコード屋の話です。ズバリ、 言うわよ!

ご存知のように現在のCLUB MUSICという奴の中でもおもに4つ打ち方面のものを取り扱っている店をやっています。当然、 レコードを売るのが仕事です。が、ただレコードが自動的に店に送られてきて、それを売っている訳ではない訳で。 こちらも情報を収集したりしてるのである程度のいろんな情報が店にはあったりする訳で。 例えばうちは名古屋のレコード屋なので名古屋での当店で扱っているようなジャンルのものの情報が多かれ少なかれ集まってくる訳です。 そういうシーンの中のひとつの要素ではあるんですが、でもレコード屋です。レコードを売るのが仕事です。基本的には。

まぁ、田舎だからなのか、 長屋街のフランクな空気の中にあるからなのかズバッと言うとたまぁ〜〜に何が目的なのかよく分からないお客さんが来る訳です。 (要するに新規?のお客様です)いくつかのパターンに分かれるんですが・・・

例えばこれは一例ですが・・・

そういう人は大体自分はこういうのが好きって言うのが物凄く狭い範囲であったりして

そういう人はまるでそれが世の中の基準だと思っていたりして

そういう人はでも結局今流れている音が好きか嫌いかすらはっきりしなかったりして

そういう人はマイナーなARTISTの名前を言い始めたりして

そういう人は決まって同じレーベルの名前を言ったりして

そういう人は結局途中でたとえすげぇドンピシャがあったとしても買わないなってわかったりして

そういう人は最後に自分もDJやPARTYをやっているということがいいたかっただけだったりして

そういう人は特あのジャンルとあのジャンルに多い訳です(あぁ、 ここは死んでも言えんな、うちも商売なんで(爆笑))

で、こういう人中途半端におとなしかったり人がよさそうな人が多いんですよねぇ〜・・・。

もちろんこういうもののいくつかが当てはまる人が皆そういう人じゃないわけですけど。 例えばその時々によりますが既に穿った見方をこちらがしていて、 前半いくつか当てはまっているんだけど後半は当てはまらなくなってきたりすると、あぁ、先入観であなたを見ていて、 大変申し訳ないみたいな気持ちにもなったりすることもあるわけです(笑)

あと、この、あのジャンルとあのジャンルって言うのは地方によってとか、取り扱ってるタイトルの傾向とか、あと店によって多少? 違うとは思うんですが・・・。まぁ、きっとカルチャーとなりえる物?を扱っているお店とかでもおんなじような現象があるんでしょうけどね。 ただうちはああいった店なんでそういう人はかなり少ないんですけど季節の変わり目とかはやっぱり増える傾向があって。 (季節の変わり目って凄いな、 そう考えると!)流石に物販そのものも接客も未経験だったのでそういう人をどうしていいのか始めはわからずストレスをためながら愛想笑いをしてたものでしたが。 未熟な仕事でしたね、とほほ。あ、今は全然平気なんですけど(笑)で、 そろそろ暖かくなってくるのでまたそういう人増えたりするんやろか?と、思った次第です。

とはいえ、自分もひょっとしたらそういう時、あったかもしれないと思うわけです。 都合のいいことに僕は昔の自分のことすっかり忘れてケロッとしてることも多いので。 そうしないと生きていけないじゃん!でも、僕きっとこういうことはなかったけど(笑)

あ、で、これを読んでる人はきっとそういう人では多分ない訳で。そういう人の意識を上手く操作できたとしたら、 一番卑しい言い方をするとおいしいなとか思ったりもするのですが(笑)なにぶんにも販売としての経験が少ないので方法がわかりません。

これ読んでる人で成績のいい販売員の人とか結構多いと思うんですけど・・・誰か、 こっそり僕にうまくやる方法教えてください(笑)

今日もワンポチよろしくです→/media/img_20051213T080111000.jpg

で、こういう人はいったいうちに何を求めていらっしゃるのでしょうか?核心に触れたいです。
書いたらちょっとすっきりしました。ふぅ(笑)
posted by DJ Nakahara at 09:43| Comment(7) | TrackBack(0) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日の日記を読んでいたら、何だか大学生の頃バイトさせてもらっていた中古レコード屋を思い出しました。
季節の変わり目になると必ず来店する変わった好みのお客様が数人いたものですから。。。(微笑
Posted by よっすい at 2006年01月14日 16:15
よっすぃー>
よっすいさんは私の知ってるよっすいさんですよね(笑)この話、レコード屋経験ありの人なら多かれ少なかれ分かってもらえるとは思うんですけどねー。季節の変わり目はやっぱうだんならんなー。後で電話するねーw
Posted by nakahara at 2006年01月14日 18:40
販売経験はナイですが、
なんとなーくそういった人のイメージは出てくるので、読みながら
ニヤニヤ出来ました。
Posted by まつおか まさたか at 2006年01月16日 04:11
まさー>
そういう人、うざったいんだけど、僕らはうまくやらないといけない位置にいますからね(笑)普通の仕事では考えられんよね、全く。お互いに今ではなれたと思うんだけど。まさは始めから大丈夫だったんかいな???
Posted by NAKAHARA at 2006年01月18日 04:21
渡辺篤史の建もの探訪がまだ現役とは知りませんでした。
そんなこんなで日本へ出戻りします。(笑)
東京在住となりますのでこれからもよろしゅう願います。
Posted by ノリ at 2006年01月18日 06:51
のり>
あらら?ってことは一人で帰ってくるのかしら?じゃあ、とうきょういったときはよろしくちゃん!
Posted by nakahara at 2006年01月18日 07:47
どうやってかわしてるんだろう。
たぶん、
すっごい普通っぽく会話したりしてます。

普段から知ってる人が聞いたら、
んん??
と思う会話でしょうけどww

で、あとで、
ゲラゲラ笑ってます。
性格悪いです。
Posted by まさ at 2006年01月20日 04:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11673674

この記事へのトラックバック