2009年05月05日

タイに行ってきました(二日目、寺へ向かう)

ワットパーラックロイSANY0073.jpg
さて、二日目である。
ヤーモー像.jpg

意外に早く目が覚めた(とはいっても何時に起きたかは思い出せず)
このホテルは確かコラートの街中中心にあるはずなので
歩けば、ヤーモー像があるはず?
ヤーモーに向かう途中でソンテウのうんちゃんが何かこちらに言ってる?
バスターミナル行くか?と聞くと行くというので
乗り込む。
ソンテウは・・・うーん、写真取るの忘れた。
乗り合い改造トラックみたいな奴。
確か5バーツだか10バーツだか、そんな感じ。
程なくバスターミナルに着く
さて、朝飯がまだだったなと思い、昨日と同じえびミソの炊き込みご飯を食う(だって、うまかったから)
何も調味料を使わずに今度は食べてみたけど
やっぱりしょっぱかった

さて、バスを探そう
くどいようだが以前はここでノーンタイとノーンカイを間違えて
ラオスの国境まで行ってしまったので
今回は間違えないように。
ワットパーラックロイの写真を見せながら
ノーンタイに行きたいというと
あっちだあっちと皆が教えてくれる。
ワットパーラックロイSANY0001.jpg
で、乗り場を発見、チケットを買って乗り込んだ。
ワットパーラックロイSANY0002.jpg

以下現地でのメモ

今回のメインイベント
ワットパーラックロイに向かっています。バスが25バーツ(80円くらい?)
でした。30キロなんで一時間ちょっとで着くでしょう
いやぁ、快適快適。
ふつうの道路脇で牛が草喰ってたり
突然ホイールカバーだけ売ってる露天がぽつんと出てきたりしてます
周り本当に何もないんで
どこからきてるのか気になるところです。

・・・さて
到着したところは何もない道の途中。
いやー、どうやっていけばいいんだろうか。
あ!そうそう。左にまっすぐっていってたな。
看板みたいなのもあるし、おそらくあってるだろう。
ワットパーラックロイSANY0004.jpg
歩き始めようとすると脇にある小屋のようなところに人が座ってる。
話しかけてきて、一緒に歩き始めた、
かなり片言だけど英語が話せるな、この子。
お、同じところにいくのかな?
名前はトー君、おそらく20代前半くらいかなー?
と、いうことで一緒にあるいていく。
いや、しかし、何もないところだな。
ワットパーラックロイSANY0007.jpg
ワットパーラックロイSANY0008.jpg
しばらく歩いてると車が止まる
おそらく

「どこいくんだ?」
「ちょっとそこまで。」
「のってけや。」

みたいなやりとりがあってトラックの後ろに。
風が気持ちいい。
で、トー君は途中の野外ライブ?会場?みたいなとこで降り別れた
僕はそのままその先のパーラックロイまで。
乗せてくれた家族連れの方、ありがとうございました。
いやぁ、あの写真でよく見る像のゲートが見えてきた。
ワットパーラックロイSANY0010.jpg
いよいよ突入だ。

☆☆☆人気のイタリアハネハネレーベル最新作入荷☆☆☆
FSFRANCESCO GEMELLI / VLADIMIR ACIC / MARK MORRIS/it's what i like vol. 3(analytic trail)
在庫はこちら
FSFLAVIO DIAZ/mister jetix(analytic trail)
FSMARK ANTONIO & JOSEPH CAPRIATI/molotov ep(analytic trail)
FSSIMONE TAVAZZI/poltergeist(perc remix)(analytic trail)
FSELIA/talking fish(analytic trail)
人気レーベルにつきお早めにCHECKよろしくお願いいたします。
posted by DJ Nakahara at 05:46| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック