2015年04月06日

20150502(文章長くなってますので)

20150502omote.jpg
20150502ura.jpg

お待たせいたしました
誰も待ってなかったかもしれないですけど
3か月ほどお店とかいろいろあってちょっと休んでましたけど
JUMBOMAX再び始動です

WHAT A GREAT TECHNO!!!
JUMBOMAX PETA
2015/05/02@CLUB MAGO
22:00START
ADV&W/F 3000yen GATE 3500yen

GUEST DJ
TAKKYU ISHINO

DJ
NAKAHARA
KATSU

2nd room
blue
MACHA
K
Hanzo

Artist
with painters
loopatsuo

3rd gallery
mizuo
tsujimura
ガッツ
atsushi

lounge vio
〜出口のない至福の時〜
NobU
村元聡美
to-ko
Mari_A
浅野裕介
工藤真工

special thanks
kouki harada

と、いうことでよろしくお願いいたします!

ここからはただの他愛もない話興味ある方だけどうぞどうぞ

もう数年前から年に何度か卓球さんをGUESTに招聘して
開催しているJUMBOMAXなんですけど
今年の卓球さんゲストの一発目がGWに登場っす
GWといえばMAGOをはじめとする多数のCLUBがむっちむちのみっちみちになるんで
正直自分のオーガナイズをこの期間に放り込むことは
どこかで避けてた気もするんですが
幸か不幸か今年はここにぶっこみました!
準備が開演前までにすべて整えば
実際当日に自分ができる仕事は最高のDJをするだけなんですけど
オーガナイズ的な意味では緊張しています!
DJが面白いと、こんな感じになっちゃうんだっていう奇跡の同期が起きるFLOORを目指して
がんばりますんで遊びに来てね〜♪

で、今回はなんか盛りだくさんで
メインはもとより
セカンドはBLUEさんが来てくれます
これに関してはHANZO本当にありがとうって感じなんですが
その昔、そう狂乱の時代というかなんというか(笑)
だいぶ昔の話なんでもうあんまり細かいことは思い出せないですけど
その昔、メインが自分でセカンドBLUEさんで沸かせた時がありまして
その先輩と実に十年以上ぶりくらいかな?に
メインとセカンドでPLAYします
初めて見た時から何の前情報もなく
「エロイな、この人は」というオーラ全開だったBLUEさんなんですけど
その人とも何の因果か久々に一晩を作り上げることになったわけで
ちょっと楽しみです
あの頃とは全く違う感じに仕上がると思うし
経年経過がお互いにどういう風に音に出てくるのかとても楽しみです
そのセカンド、今回はMACHAもいて、HANZOとKもいるってことで
もう完全にその辺にかかわってた人間の先輩後輩的な直列の布陣が
そこで繰り広げる音に何が起こるのかとても楽しみです
昔よく遊びに来てくれてた人もそうでない人も
是非是非って感じです!
それに合わせて前回から引き続きぱつおとミシェルが絵も描いてくれます
このあたりのセッションでどうなるかもちょっと楽しみですね

今回も入口はエレベーター入ってすぐ右のところになるんですけど
そうするとちょうどギャラリー部分は所謂エントランス部分にあたるんで
今回もそこに割とおなじみの名うてのレコード使いのDJをそろえました
なんかうまく言えて無いかもなんですけど
レコードにこだわってるわけじゃないんですけど
レコードにこだわってる部分もあって
基本JUMBOMAXでDJしてもらう人はレコードでDJしてる人に限って参加してもらってます
DJそのものの話でいえば自分がDJだと思う音源で機材でPLAYすればいいんだと思うんですけど
JUMBOMAXに関しては基本レコードでDJしてる人でやり切りたいなと思ってます
今回も少なからず自分が自信もってお勧めできるDJがそろってますので
音を聞きつつウキウキしながら中に入ってきていただけるよう
DJがいい音出してますのでよろしくどうぞ

VIOに関してはここ何回か昔から遊んでた仲間の一人がプロジェクトを提案してきてくれたこともあって
毎回CLUB畑とは全然違う方面の方に多数参加していただいてたんですが
今回はその流れの中でNOBU君とKOUKI君とMEETINGした際にバシッと同期した部分があって
それぞれのジャンルのスペシャリストが
まったくタイムテーブルも決めずに内容もほとんど公表せずに
所謂フリーマイクのPARTYよろしくここだというタイミングで始めるという
割と画期的な方法で一晩を作り上げます
ラウンジとしてかなり面白い空間になってると思うんでこちらも是非是非って感じです
皆さん是非VIOにも足を運んでみてくださいね
何か持って帰れると思いますので!

JUMBOに関してはもちろん新見君はもとよりたくさんの人に助けてもらったり力になってもらったりしているんですが
基本は自分がざっくり一人でまとめてることもあったんですが
ここ2年くらいかな?
特に卓球さんが半レギュラーっていうか年に何回かPLAYしに来てくれるようになって
他にも多数のゲストをまた招聘するようになって
正直なことを言えばちょっといっぱいいっぱいだったんです
ま、あとでそれは気持ちがそうだっただけだって気がつくんですけど
物事が大きくなって行くときに自分の思惑通りに100パーセントコントロールできることなんて
あるわけないんですよね
もちろんこういう風にしたいとかそういうのはあるんですけど
もとより自分の人生は自分の経験でしかないからその中でものを考えてても
100パーセント以上にならないというか。
だから100以上に行くためにまったく歯止めをかけないというか。
うーん、うまく言えてるかどうかわかんないですけど
受け止めるというか飲み込んじゃえばいいっていう風になってきて
元々自分が目指すFLOORが、ざっくりいえば
何人たりとも自由で奇跡の同期が起こるFLOOR
ってことだったこともあるかと思うんですけど
それを指揮するコンダクター的なものではあれればいいなとは思うんですけど
あとはそこにある気と空気、そして人が作り上げるものなので
自分は自分の仕事、それはDJでまた奇跡を起こすことしかないわけで
あとはすべて流れに任せるのも大事だなと思うんですよね
それって許容量が無いとできないことだとおもうし

で、最近はそういうのをどこかで目指しつつやってるところはありますね
もちろんそこまでの仕込みや努力あっての話なんですけど。

で、そこまでの仕込みをきちんとやらないとなってことで
ちょっと時間を取ったり自分がそう動くために整える部分に
少し時間を割いたりしてたんですけど
今回はそういうセッティングがかなりできてるんじゃないかなと。

自分は昔からそういう話も下手だし
苦手でもあったから
なんかそういうのなかなか伝えられなかったけど
最近は下手なりにそういうことをちょっとづつ話すようになってきて。
そういうの話すのは多分大事っすよね、まだわかんないけど(笑)
キャストが30人いるとそれぞれにだと30回も話しないといけないんで
流石に無理ってなるときもあるけど(笑)
でも、こういうことがやりたいっていうのは
仕事にしても制作にしてもPARTYにしてもDJにしても
たとえそうは見えなくても出来て無くても(笑)
話をしていかないとなと。

と、いうことでTECHNOを軸に
違う畑からもそれぞれに面白い人が集まって
一つの「何か」が起きそうな設定が完了しました

是非是非みんな遊びに来てね
待ってます!

一枚ご紹介
FSMATHIAS SCHAFFHäUSER / re:4 (blufin)[Listen(MP3)]
A1: Ziggy Kinder - Meteoroid (Vinyl Edit) 7:36
A2: Highest & Joe - Future Jazz 2013 8:16
B1: Moritz Ochsenbauer & Jakob Reiter - Metroland (Fanatico's Dub Mix) 7:21
B2: Paris Haze - Could You Love Me (Vinyl Edit) 8:33
CD 1-1: Danny Lilwall - Poison Ivy (Re:4 Edit) 8:58
CD 1-2: Ziggy Kinder - Meteoroid (Vinyl Edit) 7:36
CD 1-3: Kaiser Souzai - Fog Gy 8:44
CD 1-4: [A]Pendics.shuffle - No Reduction 8:15
CD 1-5: Highest & Joe - Future Jazz 2013 8:16
CD 1-6: Moritz Ochsenbauer & Jakob Reiter - Metroland (Fanatico's Vocal Mix) 8:59
CD 1-7: Velve - Grace 8:19
CD 1-8: Paris Haze - Could You Love Me (Vinyl Edit) 8:33
CD 1-9: Twila.too - Fossile (Re:4 Edit) 6:49
大箱で聞いたらかなり危なそうなTRACKが勢ぞろいのお得な一枚
何とCDもついててこっちもないようかなりいいです
在庫残りわずかなのでお早目に!









posted by DJ Nakahara at 06:00| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック