2015年04月21日

リスペクト

20150418150307768.jpeg
底抜け脱線ゲームのような結構な充実具合の日程の中
髪を切りに行ってきた
もとよりそういうなんだかわかんないけど結構なんやかんやあるっていう感じが
好きなんだと思う。

実は長年髪を切ってくれてたその人が
独立するということで多分そこでその人に髪を切ってもらうのは
最後になると思うということで伺ってきた

彼女とはかなり長い付き合いになる
初めは遊びに来てたその人が髪の毛を切っている人だということで
いつの間にかそういうことになっていた
自分の周りでそうなってた人もたくさんいたし
彼女はその辺の手腕に長けていたんだと思う

今までいろんな美容師さんを見てきたけど
あんまり彼女のような人は知らない
彼女のキャラにその言葉があんまりしっくりこないんだけど
彼女はアグレッシブな人で体力的な無理が出来る人だった
出来る人というと初めから備わっているかのようだけど
実際は凄く頑張っていたと思う

何時からだって何にだってなれるというのもあるけど
若いうちにしかできないような無理っていうのもあって
そういうのやれるべきところでやっといた方がいいと思うんだけど
その言い方本当にしたくないんだけど
最近はそういうのができてる人をあんまり見なくなった
時代を作る仕事なのに遊んでない人多いなと
ただ、自分の周りにはそんな中でもちょっと遊んでる美容師の人もいるんだけどね
どこにでも、面白い人はいるよね

俺は彼女の腕を一度も褒めたことはなかった
お客さんも持っているし
たくさんの人を切ってるわけだし
当然上手いんだろうけど俺にはそれが良くわからなかったな(笑)

それでも髪を切るときはそこに行った
こっちからの要望みたいなのもあるときもあるが
基本彼女に任せて切ってもらってた
それでよかったんだけど
でも、やっぱり今日も上手いなとは思わなかったな(笑)
俺に髪を評するだけの知識もないことも多大にあるけどね

他にも髪を切れる人が割と周りにいたと思うんだけど
彼女のところに髪を切りに行っていた
どこかでリスペクトするところはあったと思う
生まれもってのセンスをたぶん持ち合わせてなかった人だと思うから(笑)
きっと努力家だったことは想像するにたやすい

彼女がいなくなった後、あのサロンに行くかどうかはちょっとわからない
お店の人は皆いい人だし何の不満もないんだけど
彼女に切ってもらってた人で多分そういう人は多いんじゃないかなと思う
とはいえ、ちょっと名古屋市でない場所まで自分も行くかどうかは
まだちょっとわからないけど

その仕事、やめるわけでもないからその言い方なんかしっくりこないけど
お疲れ様でした

写真はその後の志知
なんかうまいこと言えないんだけど
何にも求めるものがないときにフラッとここに来たくなるのよね
だから志知で呑んでる時は幸せなときよね
続けてること自体は決して偉いことなわけじゃないけど
続けてる人はリスペクトするよね

一枚ご紹介
人気の赤ちゃんシリーズ6作目入荷してます
FSENZINO / enzino's 06 (enzino's)[Listen(MP3)]
A1 Enzino’s & Dj Rocca - Tanta Robba
A2 Enzino - Lovely September
B1 MUDDEGG - Minerva
B2 Boogiemann & Stan - Tropic Feel it
posted by DJ Nakahara at 05:00| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック