2015年09月28日

話しかけられる話

20150927bigcrunch.jpg
週末は本当にいろいろ楽しかったっす
幸せな話なんすけどここの所週末は面白すぎるんで
4週のうち一回くらいはもう週末無くてもいいくらいに思えてきました
写真は久々に参加の今池味仙
ガスターお疲れちゃんでした
今日はぐったりしてるだろうな(笑)

で、週末に話ししてて思い出した話
それは新栄に住んでた頃の話
俺の住んでたところはなんつうか本当に「陽」の空気のまったくない
一言でいえば淀んだところだったんだけど(笑)
いいものも悪いものもかなり引き寄せてた感じ、今思い出すとあったわけ
俺、そういうオカルト的な話し全然信用しないけど
あの辺りはなんか地場が悪かったっていうかそういう感じで。

で、思い出したんだけど
あの頃よく人に話しかけられた
信号待ちしてると道向う側で待ってるやつが
こっちに向かってくるんじゃないかって気がしてると
大体そいつが話しかけてくる
内容は大体小銭くれないか?か、これあげる!のどちらかがほとんどだった
大体3日に1回くらいはそういうのがあって
話しかけてくる人は大体ちょっと言い方悪いけど
小汚い感じの人が多かった(笑)
それでもなんか「100円だけくれ」とかそういうおっさんが
ぎりぎり追い込まれてて話しかけてくるのはわからなくもないんだけど
そのうちに、なんかくれるという人も現れ始めた
お菓子だったり小銭だったりセミをくれた人もいたり
ある人は袋一杯の拾った銀杏を全部やるといってきたこともあった
その時はなんやおかしなやつが結構おるな?みたいな感じでそれほど気にしてなかったんだけど
どうもそういう人たちから的にされてるなと気が付き
それが何で俺なのかということもさっぱりわからなかったが
どうもなんかがおかしいなと。

そういえば良く道も聞かれた
大体はなんか悲壮感漂う親御連れ
子供の方は大体小学生まで位の年齢
お母さんが子供を連れてて
おおよそは「○○ビル(ちょっと問題あるかもなんで伏字)」か
土曜の早朝に謎の(いや実は知ってるんだけど)行列ができてる某所を聞いてくるんだけど
これも本当に多かったな
当時仲良かった友達にその話してて半信半疑だったんだけど
そいつとマンション降りて出た瞬間に親子連れに道聞かれてて
驚かれたことあったしな

うちのマンション自体も凄いとこだった
階段が一つしかないんだけど
そこの入り口ふさぐ形で
ルンペンのおっさんが寝てたり
猫の死体がちょいちょいあったりしてね
その猫も餓死ってくらいガリガリのが多かったな
ちょっとここには書けないような建物の問題もあったし
一緒にその自宅で制作してた某後輩は飛び降りなのか落っことされたのかはわからないけど
向いのマンションから人が落っこちる瞬間を発見し(当然死にました)
事情聴取されたりもしてたし
そのマンションすぐ前の交差点はやたら事故の多いところで
単独の横転やひっくり返っちゃってる車なんかも多くて
助け出したことも何回かあった

それがいいものなのか悪いものなのかはその時々によって違うけど
今考えれば何かとにかく引き寄せているような力があったところかもしれない
自分はどっちかというとハプニング待ちのスリルジャンキーだったから
それほど気にならなかったけど
今思い出せば相当生活は荒れてた感じがしますよね

そこに住んでてそして離れて初めて実感できることってあると思うわけ
だからパワースポットとかそういうのほとんどは信じてないところもあるし
まぁだけど中には本当にそういうところもあるだろうなみたいなのはありますよね?
あそこに住んでた時はおかしなことが
ちょいちょい起きたなみたいなのはあって
結果離れてよかったし今の自宅を結構気に入ってるから
ちょっと思い出してそう感じてるのかもしれないけど
どちらでもいいけど変えた方がいいなって感じてる時は
変えた方がいいし
変えた方がいいなって感じてることは
その時に変えた方がいいだろうなみたいな

事情もあるけどタイミングって遅れるとベストでは無くなるから
ジャストでいけたらいいよねと
ま、つまり今そう思ってることが多分今あるんだろうな、俺。みたいな。

一枚ご紹介
FSSLAM VS. GARY BECK / PETRICHOR / pressure lights / state function (soma)[Listen(MP3)]
A1: Slam Vs. Gary Beck - Pressure Lights
Add to Playlist
B1: Petrichor - State Function
スネア連打系達人とベテランテクノDUOのVSなんで悪いわけなかろうという感じで
既に予約多数いただいてまして今週入荷分残りわずかです
お早めに








posted by DJ Nakahara at 15:24| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック