2015年10月07日

繋がった

djを初めてもうどれくらいたつのかわからないが
最近分かったというかそうなんじゃないかと思うことが一つあって
それはdjを初めていろいろあって最後にまた一番初めにつながった気がするわけ
うまく書ききれるかどうかわかんないけど
この深夜の変なテンションで書いておこうと思う

自分の言うDJというのは基本レコードを繋ぐことなんだけど
今はいろんなDJの道具や方法がありますよね
でも自分のいうDJはターンテーブリストのことというか。

初めはこっちのレコードとこっちのレコードを
端的に言えばいかに自然につなぐかという最初の難関が出てくる
4つ打ちに関していえば繋がりやすくなっているといえばそうなんだけど
その昔のHOUSEはつながないという方法もあったりしたので
すべてのDJがそこの難関を迎えるかどうかはちょっとわからないが
自分はそこが最初の難関だったと思う
ビートを重ねるというかぴったりにするという奴だ

正直に言えば今でもきちんとつながっているのかどうかわからないときもあるし(笑)
今でもつなぐということについていえば難しいなと感じるときもあるわけで
自分はそこの部分・・・左右のレコードをぴったりに合わす作業について
他の人よりも上達が遅かったかもなと感じることもあったし
練習してもなかなかうまくならないと感じていた部分もあったと思う
もっとも今でもうまくできてるかどうかはちょっとわからないけど
技術的な部分で現場でストレスを感じることはほとんどないわけで
経年の経験が役に立っているんだと思う

そんななかなかうまくならないなと感じている時に
先輩だった近藤さんやあの頃だとよっちゃんのMIXの凄さに度胆を抜かれ
どうやってやってるのかなと研究と練習をする日々だった
基本左と右を繋げてるだけだからDJのやり方を聞くことはなかった
練習すれば何か体がコツをつかむきっかけがあると思っていたところもあったと思うし
何よりもうまくできる方法を聞くだけでできるならだれでも出来るだろうというのもあった
そうはいっても何が違うのか・・・の答えがすぐにわかるわけでもなく
日々ひたすらレコードを繋いでいく感じだった

その後、その前からも多少はやっていたがMPC2000が出て
自分も、自分の周りも曲制作が爆発的に進化する
曲を作ることで自分のDJにも影響が出るし
その影響が出たDJがまた曲の制作にも影響するという
DJも制作も楽しくて仕方ない時期が初めてやってくる
とはいえ例えばSHARP BOYSはなんでああいう感じにうまくワッシャワッシャーってTRACKを
ギュッとまとめられるんだろう?とかそういうのはあったが
クオンタイズだったりサイドチェインだったりみたいなのが出てきて
自分が表現したいGROOVEみたいなのは曲の制作でも多少は出せるようになる

しかしその曲中に出せているGROOVEは元々繋いで出したかったGROOVEで
1曲の状態で目指すGROOVEに近い曲を作っても
それをパーツとして使った時に欲しかったGROOVEでなくなったりしてしまったりで
ここで再び壁にぶつかるんすけどね

ちょっと話が脱線したんすけど
元々レコードをぴったりにつなぐのは難しいし
ぴったりにつながるわけはよくよく考えればないわけで
それをなんていうか上手い感じにやるというのが技術なのかなみたいな感じで
そういうのを何となく自分も出来るようになってきたのかもしれない時期がそのあとくらいに来るわけで。

その後レコードだった音源もCDになったりUSBになったりPCになったりと
いくつかの新しい方法が出てくるわけ
レコードの時にもあった人力で繋ぐという行為は
機材の進化でPC内部とかLANケーブルとかで解消というか
簡単に解決することになると。
DJが初めにぶつかる繋がらないが技術によってクリアされたわけ

で、こっからいきなり結論的なとこに行くんだけど
レコードによるMIXって何がよかったかっていろいろあるんだけど
一つには繋がらないってとこがあったからここまで魅了され続けてるのかなっていうのがあって
曲を作るときも全部をJUSTで打つことなんてほとんどないわけで
ざっくりいえば前か後ろにずらすわけ
ずれてる方が気持ちいいからってことなんだけど
MIXでずれ、そこからアイデアも出たりして製作でずらす
で、それをまたMIXしてどこのずれが心地悪いんだろう?みたいなのもあって
ジャストなのかずれてるのかみたいな日々に到達すると。

初めどうやったらもっとうまく繋がるんだろう?みたいなとこから始まってたはずなのに
今は繋がらないからいいってなってるっていうか
ずれるからぐっとくるというか
そこにその人のGROOVEが現れるというかそういうことだと思うところがあって
繋ぐんだけどずれてて、ずれてんだけど繋がっててみたいな。

最近はそのdjの一番面倒なところを
初めから機械にやらせることで簡単になったんだけど
ずれないから面白いと感じない部分もあるのかなみたいな。

もちろんそれはそういう方法でDJをやってる人が面白くないってことじゃなくて
自分がその方法でDJやっててもいまいち盛り上がらないし
スリルが弱くなるから緊張感みたいなも違ってくると思うし
ま、そうはいっても他の人を聞いてても
明らかにレコードでMIXしてるDJの方が興奮することも多いですしね

どうやったらうまく繋げられるだろう?からスタートしたはずのDJが
ここにきて繋がって無いから良かったになってるというか
初めスタートして苦労した部分の結論がまた初めにつながったというか
繋がってるんだけどずらすことが重要というか
なんつうか、面白いなみたいな

そうはいっても全部レコードにできないから
今も多少はUSB使うこともあるし
今後新しい方法が出てくればそれを試すこともあるかと思うけど
基本2TURNTABLEは絶対自分の眼前に、そこにあるだろうなと
アナログっつうのは面白いなと

そういうことを実感できるのも
それを最高にコントロールできるBOOSEがあったっていうのは大きかったと思うんですよね

と、いうことで今月その最高の運転席MAGOでこちら開催です
20151016omote.jpg
20151016ura.jpg
当然この日もレコードだけでDJしてます
ずれてんのかずれてないのか
重なってるのか生まれてるのか
皆さんにも負荷のかかる音を軽やかに放出〜となるのかどうか
是非是非皆さん遊びに来て体感していただければ幸いです

アルバムリリースツアーだし、TASAKA君とも岐阜以来だしで
いろいろ楽しみです
いつものジャンボとはちょっと違った雰囲気とメンツで
ツアーをうまくサポートできればなと!
みんな遊びに来てね、待ってまーす

一枚ご紹介
金曜日にOTONOにGUESTのTAKAAKI ITOH氏のWOLS6番
今週入荷です!
FSTAKAAKI ITOH / wols 6 (wols)[Listen(MP3)]
A1: Takaaki Itoh - Household Method
A2: Takaaki Itoh - Error Polynomial (Oscar Mulero Remix)
B1: Takaaki Itoh - Error Polynomial
B2: Takaaki Itoh - Error Polynomial (Mike Parker Remix)
posted by DJ Nakahara at 03:56| 愛知 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分も長いこと回してますが、ターンテーブルやCDJの発展の過渡期を体験できたのはよかったと思います。
Posted by おなべ at 2015年10月07日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック