2015年11月30日

いよいよ今週末&12月のDJ予定

R_JM_2015_12_OMOTE.jpg
R_JM_2015_12_URA.jpg
HEY!皆さんいろいろ準備できてますか?!
いよいよ今週末ですよ!

メインは卓球さんに自分とみずお、それからようやくタイミングがあって
今回DJで参戦のYUMI
セカンドは半蔵たちによるrestauro
GUESTに盟友BLUEさんが再び登場っす
もちろんいつものメンツ(笑)
Hanzo
Footstamp
K
Al
MC: P.I.G
が揃ってます!リハから大体仕上がってるので(笑)今回もどうなるか楽しみです

サードは野外PARTYなども開催している
Sa-bisuが仕切ってくれてます
実はDOMINAのみずおのPARTYなんかでも
一緒にPLAYしてるナイスガイの皆がサードを彩ってくれます
DJに加えてLIVEもあり!
SELFCONTROLSYSTEM with PELA from BLANKA
SAIMA
OKB
TSURU
のメンツです!

で、VIOはeternity with Nobu produce
ここまでもずーっと一緒にVIOで実験的な演出に挑戦してくれてた
Nobu君たちと
eternityによる会場の中でも唯一まったりとしたfloorもご用意しました
ここまでもずーっと実験的な演出に挑戦し続けてきてくれたNobu君たち
それからこの前実際遊びに行ってみた際にその演出とデコの世界観に
やられたETERNITYによる素敵な仕上がりになっていると思いますので
是非是非VIOにも足を運んでみてくださいませ〜

当日は多少込み合うかと思いますが
4FLOOR仕様、地下2階すべて行き来可能なので
スペースには余裕もあるかと思います
コインロッカーもたっぷりあるし
トイレもメイン側とVIOとギャラリーの間の2か所ございます
「OH!漏れちゃうよぉ〜」なんて事態になるほど並ぶこともございませんので
ご安心を!
開場が広い使われているのでドリンクこぼすとかタバコの灰とか
できるだけみんな綺麗な場所で遊ぼうねって感じで
協力して頂ければ嬉しいです!

いろいろあるかと思うんですけど
今回は自分の中で一区切りつけるような気持ちでやってるところもあって
なんつうがまだ始まってないすけど
ここまでもぐっとくる感じっていうかそういう感じで進めてきました
奇跡はそこらじゅうに転がってると常々思うわけなんですが
そんな奇跡がシンクするような準備は整ったので
あとはプレイヤーとして全力を尽くします
みんな、遊びに来てね!

あと、遠方の方でフライヤーもゲットできなければ
連絡先もわからないって皆様
問い合わせもたくさんあったので
以下で前売り受け付けます

件名は:12月5日前売り でお願いします
本文には
前売り必要な方全員のフルネームをカタカナでお願いいたします
前日の12月4日で締め切ります
アドレスこちらにお送りください
djnakahara(アット)gmail.com ←(アット)の部分は@に差し替えてください
よろしくお願いいたします!

来年はすでに結構な数をこなしてきてますが
もっとDJや音源作ったりLIVEやったりの方向で頑張りたいなと思ってます
で、オーガナイズは減らしますが
その辺は頼もしい人がたくさん名古屋にはいるので問題ないでしょう!

以下12月のDJ予定です
12月5日@MAGO
12月12日@ID
12月21日@DOMINA
12月24日@JB'S
12月26日@ABOUT
12月31日@TBA(可能な限りいろんな場所でPLAYすると思います)
です
空いてるところはどこでもDJ可能です!

それでは今年も残りわずかですがよろしくお願いいたします!

一枚ご紹介
今週入荷予定
冬になったんで今後続々SUF系のARTIST&レーベル作品続々リリース予定ですよ
FSJOHN ROWE / OB1 / JAMIE TAYLOR / ALEXEY KOTLYAR / suf overdose 1 (suf overdose)[Listen(MP3)]
A1: John Rowe - World Gone Mad
A2: Ob1 - Aftermath
B1: Jamie Taylor - Wannabe (Tik Tok Acid Edit) (Tik Tok Remix)
B2: Alexey Kotlyar - No Reason For This Shit
posted by DJ Nakahara at 15:50| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック