2016年04月18日

何とかこれ以上は揺れないことを祈りつつ

災害は忘れた頃にやってくるってよく言ったもんだなと思うけど
妻の実家がドンピシャであの熊本の地震ど真ん中の場所だった
ま、もうどこのことか書いてもいいんだけど一応ここではということで。
被災地の一日も早い復興を願うばかりです
義父母の体調が心配ですが頑張ってほしいです

初日の夜の時も驚いたけど
流石に本震が来た次の朝には彼女が完全に取り乱していた
自分もさすがに絶句したがその後は基本安否の確認もとれたこともあって落ち着きを取り戻した
まぁ現状今すぐにそこに向かうことも相当に難しそうだしということで
みんなの生きる力に期待しているといったところで落ち着いている
報道の方のワイドショー的気分で絵を取ろうとしてる部分や
現地の人に圧倒的に迷惑かけてる感じはなんだかなとは思うけど
世代にもよるがSNSはこういうときにやっぱり便利なところもあるなと
あと今回は今までのものに比べて火災の被害も津波も無いので
何というか落ち着いてる感じもするというか(個人的な感想です)
気候的にも冬でなくてよかったとか家はとりあえず残っててよかったとか
不幸中の幸いを思いつつも何とか頑張ってほしいなと
早くお風呂とかあったかい布団でぐっすりとか
そういうとこまで行くといいなと思いつつ

恥ずかしい話だが
今までにもこういった大きな天災というのがあったかと思うが
被災地の人を思う気持ちこそあれ
それが100パーで自分の懐に頭に入ってくるというか
自分に置き換えて考えられるところは最終的になかったかもなと思う
自分もやっぱりそういう尺でしか見れないんだなという感じなんですけど
自分の身内がいるかどうかでやっぱリアルさが変わってくるんだなと

個人的にも今年は本当になんか転換期来てるのか?って思う部分もあって
ちょっとなかなか整理つかない感じもありますけど
取りあえずある程度復旧してからの方が長いサポートが身内方面にも必要だろうなということもあって
その準備というか心づもりはしておかないとなと

最後はサバイブする能力がどれくらい備わってるかってことにあるかと思うんですが
その部分に関しては自分は根拠のない自身みたいなのはあるんですけど
時間との戦いとなる部分もあるので手順とか手際とかは
ある程度確認しておくのも必要だなと

あと物凄い広い意味でのどこでも生きて行ける能力っていうのが
必要だなと最近つくづく思うことがあるんですが
そういうことも考えて動き出さないといけないなと

義父母は凄くあったかい人で自分はいつも歓迎してもらってるし
もてなしてもくれて本当にありがたい存在
本当にみんなとの素敵で楽しい思い出もたくさんある場所なので
いろいろ落ち着いたところを見計らって
何かできることがあれば自分も向かいたいなと

これ以上の大きな揺れが来ないことを祈りつつ



posted by DJ Nakahara at 02:39| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック