2016年10月31日

初見でどちらかというと好きでない人の方が後々仲良くなる理由が何となくわかった&その流れで告知です

表題の通りなんだけど
先日遊んでた時にある人と呑んでて
その時にそういえば始めあんたのことあんまり好きじゃなかったのに
何で仲良くなったんだろうっていうのがあって
その理由の一つが何となくわかった

基本初見でその人を好くか嫌いかというのは
大体が目や耳や音で知ることのできるその人から発せられる数少ない情報からなわけで
ざっくりいえばその人のことを知らずにあんまり好きじゃないというか
そう勝手に思ってることが多い
つまりはその人の印象はゼロもしくはマイナス…まぁそれは極端だけど
あんまり好きの要素がないところから始まることが多い(笑)

それが好き…好きだとちょっと違うな(笑)この人面白いとこあるなっていう風に
一緒に呑んだり遊んだりしたすると大体ひっくり返るんだよね
友達の友達は友達になるみたいな感じなんかもしれないけど
常々、人の話って面白いなと思うんだけど大抵はどんな人と話してても
他の人と被った話は出てこないんだよね
(これはいつもそう思う、自分の話の振り方のせいかも知んないけど)
人間って本当に一人一人違うんだなと思う瞬間なんだけど
で、大体そっから面白いなってなる
基本加点部分のない相手だから(笑)面白いなってなると大体が加点の対象になる
あんまり好きになれないところが先にあるから逆に面白いところや好きなところが
はっきりと自分で理解できるのがいいのかもしれないんだけど

この歳になってそういう風に仲良くなる人が増えた気がする
愛すべき〇〇ってこういう感じなんだろうか?みたいな。
遊ぶ機会があることもそういう友達がいることも
そういう環境があることもそれはとてもラッキーなこと、ラッキーだと自分が感じることで
経年でそれが更に楽しくなって来てるのかもしれないし。
先日旧友に「丸くなった」とやたら言われたけど
若い頃はバカだったからトゲトゲしながら
そういう風に身を守ることに一生懸命だったのかもしれないねー
昔のことはほとんど覚えて無いけどね
本当都合よくできてる

そんなこんなで10月をようやく乗り切った感じがあった
稀に見る忙しさだったけど
そういう人が結構たくさんいたことにこっそりと感謝したい(笑)

自分のDJが調子いいというか本当の意味での進化を自身で実感持てるのは
そう言うこの場所の環境が大きいなと感じられるようになった
結局最後は自分の達成感満足度なんだよね、それがないと続けられないし。
名前を呼んでもらえることがどれくらい幸せなことか実感するようになったということでもいいのかもしれない
それが表現にもつながっていくというかそういうのもあると思う
自分一人では決してできなかったと思う
かかわってくれた、話しかけてくれた、身に聞きに来てくれた
好きでも嫌いでも気にしてくれたことのあるすべての人になんつうかありがとちゃーんみたいなところ
気持ち悪い話かもだけどあるといえばあるんだよね。

で、そんなこんなでこちらになります
最後はえぐい感じでCMになっちゃうんですけどね
20161122jumbomax.jpg
JM_20161121_URA.jpg
卓球さんのソロアルバムのツアーにJUMBOの周年も乗っかって開催されます
ライオットの三人も来てくれるしセカンドは半ぞーたち
VIOはマチャもいてギャラリーはMELLOW YELLOWが仕切ってくれる感じで
さすもFOOD出してくれるし多少ごちゃつくかもですけど
良くも悪くも(笑)手作り感満載でお待ちいたしております
なんつうか、一言礼を言わせてもらいたい
実際は言葉でいってるわけじゃないけどありがとうよ!みたいなの
ちょっと言えたらなみたいなのもありますね。

ということで皆さん遊びに来てね
待ってまーす

一枚ご紹介
ここ何回かPLAYしててあれ何?って良く聞かれるの多分これです
FSV/A(MEHMET ASLAN,ACID ARAB, AUTRAKIC) / disco halal vol. 1 (disco halal)[Listen(RealAudio)]

ベルリンのレコードショップOYEがリリースしてたかなり危ない一枚
あのACID ARABが某TECHNO ARTISTの傑作をリエディットしてます
A1: Acid Arab_Le Gaz Qui Fait Rire
B1: Autrakic_Boaz
B2: Mehmet Aslan_Yasadim












posted by DJ Nakahara at 16:07| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック